http://www.jyuishikai.com
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ 2002年第2回水元公園WAKATEフェスタのご報告


第2回水元公園WAKATEフェスタのご報告

 
 
 

  葛飾支部では、去る7月21日(日)、都立水元公園 で行われた 「第2回水元公園WAKATEフェスタ」 に協賛し、葛飾保健所とともに展示ブースを出展 いたしましたので、その概要を報告いたします。
 同フェスタは昨年約2万人を動員し、梅雨明けの猛暑にもかかわらず 今年も同程度の人出があり(主催者側調べ)いつの間にか区内最大規模のイベントとなりました。当支部ではこの度の出展にあたり、夏期であることを考慮し、しつけ教室や動物スタンプラリーなどの動物参加型のイベントは避け,
(1)青空どうぶつ健康相談室
(2)歯型モ デルや会員病院のマスコット犬を用いての歯みがき講習
(3)マイクロチップの展示とデモンストレーション
(4)葛飾支部の事業紹介
(5)飼い主さんの意識アンケート調査などを行いました。

 「青空どうぶつ健康相談室」では、午前10時の開会前から並んでいる方もいて 手応えも上々、担当獣医師は身体パーツ模型などを使いながら飼い主さんの 質問に熱心に答え、昼までに計13件の相談を受け付けました。 その後はさすがに暑さのせいか人通りも途絶えましたが、 会場となったメタセコイアの森は”ここは東京の軽井沢!?”と思えるほど涼しく、 離れた会場 から流れてくるアコーステイック音楽が心地よいB.G.M.となり、 勤務会員の先生、各病院のAHTの皆さん、さらにボランティアで参加してくれた ガールスカウトの方も加わり、楽しく時間を過ごすことができました。
 途中、地元FM局やケーブルTVなどの取材をうけ、昼食後はメインイベントの一つである「歯みがき講習」を開催いたしました。 その頃にはまだまだブース前に人だかりができ、担当獣医師らが熱演、イベント会場を沸かせました。(沸いていたのは内輪だけ!?)
 「マイクロチップ展示」コーナーでは、マイクロチップを初めて見る飼い主さんも多く、ポスターに見入ったり、ヌイグルミに埋め込んである マイクロチップを実際にリーダーで読み取り、感心する方などもいて、 反応は上々のようでした。
 余談ですが、葛飾支部では現在、すべての会員病院にマイクロチップリーダーを備えており、今後区民に対しその有効性と安全性を広く啓発し, 支部としての組織的運用の機会を図りながら、普及活動に携わっていきたいと考えております。
 「葛飾支部の事業紹介」コーナーでは、狂犬病予防定期集合注射事業、学校動物の無料診療活動 ならびに各学校への巡回訪問、マイクロチップ普及活動などのパネル展示を行いました。
 また、展示ブースに来訪した飼い主の方へ無記名方式で 「意識アンケート調査」を行いました。アンケート回収数は71で、以下抜粋してその結果をお知らせいたします。

Q1.(犬を飼っている方への質問)
 わが国では、狂犬病予防法により、年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。
このことをご存知でしたが?
・知っていた    51人(96.2%)
・知らなかった   2人(3.8%)

Q2.(Q1.の質問で「知らなかった」と答えた人への質問)
その理由は何だと思いますか?(いちばん大き な理由を一つ。)
・ペットショップやリーダーの説明不足 0人
・動物病院の説明不足         0人
・獣医師会の広報不足         0人
・国や自治体(保健所など)の広報不足 1人
・その他、無回答           1人

Q3.あなたの愛犬は、毎年1回、狂犬病の予防注射をうけていますか?
・毎年、うけている  42人(79.2%)
・たまにうけている  2人(3.8%)
・うけていない    6人(11.3%)
・無回答       3人(5.7%)

Q4.(Q3.の質問で、「毎年、うけている」と答えた人への質問)
鑑札はいつも装着させていますか?
・はい   15人(35.7%)
・いいえ  24人(57.1%)
・無回答  3人(7.2%)

Q5.(Q3.の質問で、「たまにうけている」「うけていない」と答えた人への質問)
その理由は何だと思いますか?
・知らなかったから。             0人
・狂犬病は現在、日本で発生していないから。  1人
・ウチの犬は、人や他の動物を咬んだりしないから。1人
・注射代や手数料が高いから。         2人
・集合注射会場や動物病院に行く時間がないから。0人
・面倒くさいから。              0人
・その他、無回答              4人

Q6.今回、葛飾区獣医師会展示ブース内で、新しい動物の固体識別の方法として 「マイクロチップ」をご紹介しました。「マイクロチップ」 についてお尋ねします。
・マイクロチップを知っていた。    36人(50.7%)
・マイクロチップを知らなかった。   17人(24.0%)
・今回、初めて知った。        15人(21.1%)
・無回答                3人(4.2%)

 アンケート集計数が少ないために統計的な結論を出すことは できませんが、 マイクロチップに関しては、われわれが思っていた以上に認知度が高いこと、 動物フェスティバル等での積極的な紹介が普及を推進する上で重要であることなどが明らかになりました。
 最後になりますが、今回、葛飾支部が 「第2回 水元公園WAKATEフェスタ」 に出展するにあたり、 多くの企業ならびに企業関係者の方々のご協力を いただきました。 とくに隣接して企業ブースを出展し、ペットイベント会場を盛り上げていただきました アイムス・ジャパン梶A大日本製薬梶A 日本全薬工業梶A 日本ヒルズ・コルゲート梶A ファイザー製薬鰍フ5社と、 猛暑のなか奮闘していただきました各社の展示ブース 担当者の皆さんに対し、心より御礼申し上げます。
 また、各種サンプルやデモ用品を 快くご提供いただきました葛、立商会、共立製薬梶A潟rルバックジャパン、 糾ロ和精機、明治製菓鰍フ各担当者の方々にも深謝申し上げます。 (企業名50音順、敬称略)  伊東秀行(葛飾)

東獣ジャーナル・2002年10月 掲載文